【吉川珠美の栄養学コラム】6月号 紫外線対策~意外に強い6月の紫外線~

吉川珠美

 意外かもしれませんが、6月は紫外線が多い季節です。梅雨なのに?と思われるかもしれませんが、紫外線の中でもシミなどの原因となりやすいUV-Aが多いと言われているので注意が必要。紫外線はお肌を老化させたりメラニン色素を作りシミの原因になるだけでなく、体内で活性酸素を作り出し、全身の細胞を老化させてしまいます。インナービューティーを心がける女性は本格的な夏が訪れる前からしっかりと紫外線対策をしましょう。

真っ赤なトマトのパワー

 紫外線対策としては帽子をかぶったり日傘をさす、UV効果のある日焼け止めを塗るなども大切ですが、身体の内側からのケアもお忘れなく。そこでオススメなのがトマトです。旬のトマトには、この時期に摂りたい栄養素がたっぷり含まれています。中でもリコピンは女性にとって強い味方となる最近注目の栄養素です。リコピンはトマトに含まれる赤い色素で、βカロテンなどと同じ「カロテノイド」に分類されます。βカロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変換されるため過剰症の心配がなく、昔から注目されていた栄養素でした。ところが最近になってカロテノイドには、ビタミンAにはない抗酸化作用があることがわかり新たに注目を集めるようになったのです。
 しかもリコピンはとりわけ抗酸化作用が強く、βカロテンの2倍以上とも言われています。紫外線に対する働きも強く、皮膚や体内でできた活性酸素を消去し、メラニン色素が作られるときに働く酵素の作用を抑えてくれるのです。

美味しく食べてこそ、吸収される

 リコピンがいくらお肌で紫外線の害と戦ってくれるからと言って、トマト風呂やトマトパックをしても、なかなか皮膚からは吸収されません。美味しく味わってこそ、しっかりと消化・吸収されて全身の細胞や皮膚に届けることができるのです。
 蒸し暑さに食欲も低下しがちなこの時期には、冷たい「ガスパチョ」はいかがでしょうか?リコピンがたっぷり含まれているうえ、加熱しないのでその他のビタミン類の損失も少なく、作り方も簡単です。私はこの時期にはよくガスパチョをめんつゆで割ったものをソースにして素麺と一緒にいただきます。リコピンは油脂を使って調理をすると吸収が高まるので、仕上げにエクストラバージンオリーブオイルをかけると、一層香りも引き立って風味が豊かになります。

ガスパチョそうめん

2人分

トマト 3個
たまねぎ 1/4個
きゅうり 1/2本
トマトペースト 大さじ1
Exバージンオリーブオイル 少々
塩、胡椒 適宜
そうめん 2束
めんつゆ 適宜
バジル 少々
  1. トマト、たまねぎ、きゅうりは飾り用を少々取り置いて、ざく切りにし、ミキサーに入れる。トマトペースト、オリーブオイルを加えてしっかり攪拌する。軽く塩、胡椒をして冷蔵庫で冷やしておく。
  2. そうめんはたっぷりのお湯で茹で、冷水で洗って水気をしっかりきる。
  3. 1のガスパチョにめんつゆを混ぜて味を調え、器に注ぐ。そうめんを盛り付けて1で取り置いたトマト、たまねぎ、きゅうり、バジルを飾り、オリーブオイルをかける。

コメントは停止中です。